地上波デジタル放送時代のコピー術 (コピーワンス/CPRM対策に…)

コピ天**デジタル時代のコピーガイド 地上波デジタル放送時代のコピー術
→ トップページへ

◆◆ 接続例いろいろ ◆◆

コピワン解除と画像安定装置 まめ知識
デジタル放送のデメリット
コピーガードのすべて
画像安定装置の選び方
おすすめ画像安定装置(1)
おすすめ画像安定装置(2)
アキバガレージの画像安定装置 NEWモデル
接続例いろいろ
おすすめ販売店
姉妹サイト
●はじめに

画像安定装置の選び方のコーナーで簡単な接続例を紹介していますが、こんな接続もできるという例を幾つか紹介します。

「なるほど!」と思える接続方法も見つかるかも?しれませんよ。

●入力セレクター機能を使用した接続例
 (DVE776使用)

接続例

再生側ソース
DVDデッキ  BS/CSチューナー  地上波デジタルチューナー
VHSデッキ  ビデオカメラ など


録画側ソース
DVD&HDDレコーダー  VHS/S-VHS/D-VHSビデオレコーダー
パソコンなど

●ハイブッリッドレコーダー単体で使用時の接続例
 (DVE776使用)

接続例

再生側ソース
ハイブリッドレコーダーのDVDプレーヤー

録画側ソース
ハイブリッドレコーダーの内臓HDD

解説

ハイブッリッドレコーダー1台だけでも、再生しながら録画できますよ。
但し、ハイブリッドレコーダーの機種によっては、この方法が使用できない場合もあります。

手順

@ DVE776側の入出力はそれぞれいずれか一つに接続する。
A ハイブリッドレコーダーの入力は、外部入力のチャンネルに合わせる。
B ハイブリッドレコーダーの録画を開始した後に再生の操作を行う。
※ D端子を使用する場合、D端子入力搭載TVまたは、レコーダーのD端子入力へ接続してください。

参考

● DVE776側の出力1と出力2は同じ信号が出力されます。
● D端子ケーブルは付属されないので、市販品を使用する。
● セパレート(S端子)信号とコンポジット(ピン端子)信号を自動識別し、同時に入力がある場合は、S端子を優先します。

▲ページトップへ
お問い合わせ 購入方法は? リンク集 1 リンク集 2 リンク集 3