地上波デジタル放送時代のコピー術 (コピーワンス/CPRM対策に…)

コピ天**デジタル時代のコピーガイド 地上波デジタル放送時代のコピー術
→ トップページへ

◆◆ アキバガレージ企画・販売の画像安定装置 ◆◆

コピワン解除と画像安定装置 まめ知識
デジタル放送のデメリット
コピーガードのすべて
画像安定装置の選び方
おすすめ画像安定装置(1)
おすすめ画像安定装置(2)
アキバガレージの画像安定装置 NEWモデル
接続例いろいろ
おすすめ販売店
姉妹サイト
2008年3月発売 NEW
画像安定装置内蔵
USBキャプチャーユニット

USB2.0画像安定装置内蔵
キャプチャユニット
XSpeed-F1

VIEWGATE社のOEM製品です。 VTXシリーズ同様のチップ「SAA7121H」(フィリップス社製)を採用した画像安定機能を搭載している。

BLADEより大きいが手のひらサイズのコンパクトボディ。

当サイトでは、これを含めて3モデルのUSBキャプチャーユニットを紹介しているが、 BLADEとこのXSpeed-F1は、機能・使い方・付属のビデオ取り込み・編集・保存用ソフトに至るまでそっくり同じ。

違いは、画質にあります。BLADEより高画質にキャプチャー出来ます。値段が高いのだから当然ですけど…。

特筆すべきは、画像安定装置で初めてステレオミニジャック入力に対応したこと。 これならポータブルDVDプレーヤーなどのミニジャック出力しかない機種でも簡単に接続できますね。

登録・改造・コマンド入力など一切不要!最初からスペシャル機能はアクティブ。初心者に嬉しい設計ですね!

強力な機能搭載にもかかわらず、外部電源を必要としないUSBバスパワー駆動を採用しているのはGood!

画質
評価 ★★★★

【価格】 9,800円(税込)
【販売店】 アキバガレージ

スペシャル機能付き
USBキャプチャーユニット

One Touch Video Grabber

アナログおよびデジタルAV機器の映像を720×576の高解像度でPCのHDDに保存することが出来るUSBキャプチャーユニットです。

VHSビデオを手軽にPCに取り込んでDVD化することも可能!

もちろんHDDレコーダーに取り貯めたコンテンツをPCにMPG4、AVI、WMVファイルとして保存することも簡単に出来る。

その他多くのファイルフォーマットに対応してるよ!

ポイント
当機はビデオデッキからの映像をそのままキャプチャー出来るのですが、なんと 当機は「スペシャル機能」内蔵ですので 画像安定装置やフリフリDVDプレーヤーが不要で……できちゃうんですね!

昔の大切なビデオ映像をPCに落としたりと、新しいデジタルライフを築くのにオススメなアイテムですよ。

画質
評価 ★★★★

【価格】 6,980円(税込)
【販売店】 アキバガレージ

リージョンフリー
DVDプレイヤー

スペシャル機能付&CPRM/VRモード対応
フリフリDVDプレーヤー
【DVP-250CP】

VRモードで録画した自作DVDが再生可能!

CPRM対応でデジタル放送を録画したDVDも再生可能

リージョンフリーなので世界中のDVDが楽しめます。

マニアの方なら間違いなく感涙してしまう、あのフリフリ「スペシャル機能」付き。

マクロビジョン、カラーストライプ、CGMS-Aに対応。

従来のDVD-Video(映画)やCDも再生可能!

画質
評価 ★★★★★

【価格】 8,980円(税込)
【販売店】 アキバガレージ

●はじめに

ついに、画像安定装置販売で知る人ぞ知る!あの「アキバガレージ」が、オリジナルの画像安定装置のプロデュースを始めた。

画像安定装置を知り尽くした「アキバガレージ」だからこそ出来るこの企画・販売、おおいに歓迎したい。

このページでは、低価格でありながら 「かゆいところに手が届く」 ように考えられた画像安定装置 『BLADE(ブレード)シリーズ』 をレビューする。

●追記(2008年12月18日)

またもや「アキバガレージ」が、「BLADEシリーズ」のニューモデルを2008年12月06日にリリースしました。

今回は、「BLADE-V」の上位モデルにあたる画像安定装置です。名称は、「BLADE-W」(ブレイド・ダブリュー)です。

特長は、音声入出力端子が付いたこと。その上、入力が2系に増えている。さらに、ワイド識別信号にまで対応している。

●BLADE-V(ブレード・ブイ) 超人気モデル

 2007年12月21日発売

BLADE-V 前面
BLADE-V 背面
BLADE-V 付属品
BLADE-V サイズ比較

コンパクトサイズ…たばこのパッケージよりほんの少し大きいだけ。

販売元 株式会社アビカ
マクロビジョン
カラーストライプ
CGMS-A
コピーワンス
DVD
TBC -
リモコン
S端子 入力×1, 出力×1
D端子 -
画質補正機能
ワイド識別信号 -
改造 不要(登録不要、コマンド不要)
セット内容
BLADE-V本体
リモコン(電池付)
取扱説明書(保証書付)
ACアダプター
RCAピン端子ケーブル
(1m/金メッキ)
S端子ケーブル(1m)

※○…対応  ※-…無し

画質<◎>
コンポジットの場合は、画質劣化はほとんどなく素直に出力される。 白飛び や ズレ、画面ピクピク現象も全く無く満足できると思う。

S端子の場合も、画質劣化はほとんどない。ほぼオリジナル画質のまま出力されると思ってよいほど優秀。

コンポジット・S端子とも、画質補正機能はデフォルトのままでも十分満足できるクオリティです。

AGCはOFFに出来ないため、白飛びを心配したが、全く問題ありませんでした。

評価 ★★★★
コピーガードを完全に除去できる。
RX-5000IIをかなり意識して作られた機種のようですが、コンポジット・S端子とも間違いなくRX-5000IIを上回ってます。

入力側はリモコンで、コンポジット・S端子の切り替えて使用。出力側は、コンポジット・S端子同時出力の仕様です。

入力ソースを判断してモードを自動で切り替えますので、「RX-5000II」の「DVDモード」のようなボタンは不要になっている。

取扱説明書には、リモコンの電源OFFで本機は待機状態になり、入力される映像信号はそのままスルーされると書いてあるが、 実際はなぜか、電源OFFでスペシャル機能が有効状態のままです。これなら停電時からの復帰後、電源ONにしなくても使えるので、停電対策になるのがうれしい。 と言うか常に電源OFFのままで使えてしまう。

リモコンボタンは、しっかりとした手ごたえで、反応もとても良い。Good!

画質補正機能は、おまけではない。コントラスト・明るさ・彩度・色合の調整が -32ステップから+31ステップまで調整可能です(合計64ステップ)。設定は、保存して、いつでも呼び出せる。 また、コンセントを抜いても消えないので、使い勝手はいいですね。この価格帯では、出来すぎの機能と言えますね。

フロントフェイスは全面ディスプレイです。この価格帯では初の緑色7セグメントLEDの採用で、遠目にも動作状態がはっきり分かり易い。

9,000円を切る価格でここまで出来るのかと驚いています。おそらくRX-5000IIを上回る人気になるでしょう。

ワイド信号に対応していないのは、残念。これさえ対応していれば、5つ星を付けたのですがね…。

改造・登録作業・コマンド入力など一切不要。
スペシャル機能は最初からアクティブ。面倒な改造やコマンド入力の類は全く不要です。

おすすめ販売店
【商品名】 画像安定装置 【BLADE-V】
【価格】 8,980円(税込)
【特典】 登録・改造作業・コマンド入力不要。 全国送料無料。
【販売店】 アキバガレージ本店
【詳しく】 詳細はこちら

●BLADE-W(ブレイド・ダブリュー) NEWモデル

 2008年12月06日発売

BLADE-W 前面
BLADE-W 背面
BLADE-W 付属品
BLADE-W サイズ比較

BLADE-Vよりワンサイズ大きい。2倍以上はあるかもしれない。

販売元 株式会社アビカ
マクロビジョン
カラーストライプ
CGMS-A
コピーワンス
DVD
Blu-ray Disc ○ (但し、SD画質)
TBC -
リモコン
S端子 入力×2, 出力×1
D端子 -
画質補正機能
ワイド識別信号 ID-1
改造 不要(登録不要、コマンド不要)
セット内容
BLADE-W本体
リモコン(電池付)
取扱説明書(保証書付)
ACアダプター
RCAピン端子ケーブル
(1.5m)
S端子ケーブル(1.5m)

※○…対応  ※-…無し

画質<◎>
コンポジットの場合は、若干画質劣化はあるが、ソース画質が高画質であればほとんど問題ないレベルで素直に出力される。 白飛び や ズレ、画面ピクピク現象も全く無く満足できると思う。BLADE-V画質を少し上回る程度です。

S端子の場合も、画質劣化はほとんどない。オリジナル画質のまま出力されると思ってよいほど優秀。 こちらも、BLADE-VのS画質を少し上回る程度です。

コンポジット・S端子とも、画質補正機能はデフォルトのままでも十分満足できるクオリティです。 明るさ〔−2〕でオリジナルとほぼ同じになります。

このBLADE-WもAGCはOFFに出来ないため、白飛びを心配したが、全く問題ありませんでした。

BLADE-VよりコンポジットとSの画質差がはっきりしています。可能なかぎりS端子入力→S端子出力を使いましょう。

評価 ★★★★★
コピーガードを完全に除去できる。
BLADE-Vの上位モデルです。コンポジット・S端子とも若干ではあるが「BLADE-V」を上回る画質です。

入力側はリモコンで、「コンポジット・S端子の切り替え」と「CH1/CH2の切り替え」が可能。 出力側は、コンポジット・S端子同時出力の仕様です。

3D Y/C分離機能は、まずまずでしょうか。ほんの少しだけ画質UPします。コンポジット入力→S出力される方は「ON」にしよう。

3Dノイズリダクション機能の「ON」「OFF」の差は、今回は確認できなかった。気休め程度と考えてください。

ワイド識別信号は、「ID-1」のみ対応だが、これにさえ対応していれば、コンポジット・S・D端子すべてに対応していることになるので、 使用に困ることはない。

入力ソースを判断してモードを自動で切り替えますので、「RX-5000II」の「DVDモード」のようなボタンは不要になっている。

取扱説明書には、リモコンの電源OFFで本機は待機状態になり、入力される映像信号はそのままスルーされると書いてあるが、 実際はなぜか、ACアダプターをコンセントに繋げておけば、リモコン電源OFFでもスペシャル機能が有効状態のままです。 これなら停電時からの復帰後、電源ONにしなくても使えるので、停電対策になるのがうれしい。 と言うか常に電源OFFのままで使えてしまう。

リモコンボタンは、BLADE-Vよりさらに、使いやすい。反応もとても良い。Good!

画質補正機能は、おまけではない。コントラスト・明るさ・彩度・色合の調整が -32ステップから+31ステップまで調整可能です(合計64ステップ)。設定は、保存して、いつでも呼び出せる。 また、コンセントを抜いても消えないので、使い勝手はいいですね。

音量調節機能は、0〜50の51段階。 この機能があれば、再生機側の音量を最大にしてもまだ小さいと感じるときや再生機側をいじりたくないときなどに役立ちますね。

フロントフェイスは全面ディスプレイです。「BLADE-V」と同じく緑色7セグメントLEDの採用で、遠目にも動作状態がはっきり分かり易い。

「BLADE-W」は簡単に言うと、「BLADE-V」が2系統入力になり、音量も調節でき、さらにワイド信号に対応した機種です。 わずかながら画質向上も図られているので、文句なしの一品ですね。買いですね。

改造・登録作業・コマンド入力など一切不要。
スペシャル機能は最初からアクティブ。面倒な改造やコマンド入力の類は全く不要です。

おすすめ販売店
【商品名】 画像安定装置 【BLADE-W】
【価格】 12,800円(税込)
【特典】 登録・改造作業・コマンド入力不要。 全国送料無料。
【販売店】 アキバガレージ本店
【詳しく】 詳細はこちら

●BLADE(ブレード) 「PC用USB接続型」 人気モデル

 2007年12月21日発売

BLADE
BLADE 大きさ比較

サイズは、100円ライターよりほんの少し大きい。

BLADE 付属品

<付属品>

販売元 株式会社アビカ
マクロビジョン
カラーストライプ
CGMS-A
コピーワンス
DVD
TBC -
リモコン -
RCAピン端子 映像入力×1
音声入力(L/R)×1
S端子 入力×1
USB端子 出力×1 (USB2.0)
画質補正機能 -
ワイド識別信号 非対応
エンコード ソフトウエアエンコード
対応OS Windows XP, Windows Vista
改造 不要(登録不要、コマンド不要)
セット内容
BLADE本体
取扱説明書
CD-ROM(ドライバー/ユーリード・ビデオスタジオ)
AVケーブル (1.5m)
USBケーブル (80cm)

※○…対応  ※-…無し

画質<◎>
コンポジット・S端子ともまずまず素直な画質で取り込めて綺麗で問題ない。
白飛び や ズレ、画面ピクピク現象も全く無く満足できると思う。
詳しくは下表を参照して下さい。(Movie Wizard使用時)

フォーマット 解像度 原寸評価 拡大評価
(フル画面)
ファイルサイズ
(約1分当たり)
備考欄
DV(AVI) 720×480 700MB -
AVI 160×120 × 77MB (手動)
AVI 176×144 × 100MB (手動)
AVI 320×240 270MB (手動)
AVI 352×240 303MB (手動)
AVI 352×288 356MB (手動)
AVI 680×480 620MB (手動)
AVI 720×480 632MB (手動)
AVI 720×576 670MB (手動)
VCD 352×240 9.8MB VCD-NTSC
(MPEG)
SVCD - - - - 選択不可?
DVD 720×480 44.4MB DVD-NTSC
(MPEG)
MPG 160×120 × 14.7MB (手)MPEG-1
MPG 176×144 × 14.7MB (手)MPEG-1
MPG 320×240 14.7MB (手)MPEG-1
MPG 352×240 14.7MB (手)MPEG-1
MPG 720×480 14.8MB (手)MPEG-1
WMV 320×240 3.8MB -

(※ファイルサイズは取り込み映像により変動します。)

評価 ★★★★
コピーガードを完全に除去できる。

レコーダーやビデオカメラからPCのHDDに落とせるUSBキャプチャーユニットなので、非常に重宝しそうですね。 実際、地デジ番組を録画したDVDを簡単に取り込めた。

今まで取り貯めたテレビ番組や自作ビデオを簡単にパソコンに移せるので大変便利ですね。 一台は持っておいて損はありません。

「One Touch Video Grabber」がUSB一本で音声まで取り込めるようになったアップグレード版といった印象ですね。

画質については、AVIファイルの352×240以上で取り込めば綺麗で満足できる。 ただし、AVIはファイルサイズが非常に大きくなってしまうので、非力なPCではコマ落ちしてしまう可能性があるので、注意しよう! まぁー、フルスペック(720×576)で取り込むのは、ヘビーユーザーくらいだと思いますが…。

ミドルユーザークラスならDVD画質で取り込むのが妥当かもしれません。DVD画質ならフルスクリーンに拡大しても綺麗に見れます。 でも、30分程度の動画でも数ギガバイトものファイルサイズになってしまうので、HDDの残量に気を付けよう! ダビデオなど他のソフトを使って、DivXファイルに変換するのがいいかもしれません。

残念なことは、付属する映像取り込み/保存(編集)用のソフト『Ulead VideoStudio SE DVD』が英語版であることです。 日本語のPDFマニュアルが付属してはいるもののやはり分かりにくいですね。 この手のソフトを使った事のない方は、最初は戸惑い時間がかかると思います。高機能な映像編集ソフトなだけに非常に残念。 作業自身は簡単なので、慣れれば素早く操作できますが…。

取扱説明書によると、BLADE本体が日本語版の映像取り込み/保存(編集)用のソフトに対応していないので、英語版のまま使用するように注意書きがあるが、 手元にあった「Ulead DVD MovieWriter 4.0日本語版」で試してみた。すると、キャプチャー中、音声は出ないものの正常に取り込めた。 取り込んだファイルを「Windows Media Player」で再生すると、正常に音声付で再生され問題なかった。 (注意:あくまで当方のPC環境下での話しです。)

改造・登録作業・コマンド入力など一切不要。
スペシャル機能は最初からアクティブ。面倒な改造やコマンド入力の類は全く不要です。

おすすめ販売店
【商品名】 USB接続型 画像安定装置 【BLADE】
【価格】 7,980円(税込)
【特典】 登録・改造作業・コマンド入力不要。 全国送料無料。
【販売店】 アキバガレージ本店
【詳しく】 詳細はこちら

▲ページトップへ
お問い合わせ 購入方法は? リンク集 1 リンク集 2 リンク集 3