地上波デジタル放送時代のコピー術 (コピーワンス/CPRM対策に…)

コピ天**デジタル時代のコピーガイド 地上波デジタル放送時代のコピー術
→ トップページへ

◆◆ コピーガードのすべて ◆◆

コピワン解除と画像安定装置 まめ知識
デジタル放送のデメリット
コピーガードのすべて
画像安定装置の選び方
おすすめ画像安定装置(1)
おすすめ画像安定装置(2)
アキバガレージの画像安定装置 NEWモデル
接続例いろいろ
おすすめ販売店
姉妹サイト
2008年3月発売 NEW
画像安定装置内蔵
USBキャプチャーユニット

USB2.0画像安定装置内蔵
キャプチャユニット
XSpeed-F1

VIEWGATE社のOEM製品です。 VTXシリーズ同様のチップ「SAA7121H」(フィリップス社製)を採用した画像安定機能を搭載している。

BLADEより大きいが手のひらサイズのコンパクトボディ。

当サイトでは、これを含めて3モデルのUSBキャプチャーユニットを紹介しているが、 BLADEとこのXSpeed-F1は、機能・使い方・付属のビデオ取り込み・編集・保存用ソフトに至るまでそっくり同じ。

違いは、画質にあります。BLADEより高画質にキャプチャー出来ます。値段が高いのだから当然ですけど…。

特筆すべきは、画像安定装置で初めてステレオミニジャック入力に対応したこと。 これならポータブルDVDプレーヤーなどのミニジャック出力しかない機種でも簡単に接続できますね。

登録・改造・コマンド入力など一切不要!最初からスペシャル機能はアクティブ。初心者に嬉しい設計ですね!

強力な機能搭載にもかかわらず、外部電源を必要としないUSBバスパワー駆動を採用しているのはGood!

画質
評価 ★★★★

【価格】 9,800円(税込)
【販売店】 アキバガレージ

スペシャル機能付き
USBキャプチャーユニット

One Touch Video Grabber

アナログおよびデジタルAV機器の映像を720×576の高解像度でPCのHDDに保存することが出来るUSBキャプチャーユニットです。

VHSビデオを手軽にPCに取り込んでDVD化することも可能!

もちろんHDDレコーダーに取り貯めたコンテンツをPCにMPG4、AVI、WMVファイルとして保存することも簡単に出来る。

その他多くのファイルフォーマットに対応してるよ!

ポイント
当機はビデオデッキからの映像をそのままキャプチャー出来るのですが、なんと 当機は「スペシャル機能」内蔵ですので 画像安定装置やフリフリDVDプレーヤーが不要で……できちゃうんですね!

昔の大切なビデオ映像をPCに落としたりと、新しいデジタルライフを築くのにオススメなアイテムですよ。

画質
評価 ★★★★

【価格】 6,980円(税込)
【販売店】 アキバガレージ

万能裏技CATVチューナー

万能裏技CATVチューナーチューナー&画像安定装置【ViewGate Prius+】【eモンズ】

万能裏技CATVチューナー
&画像安定装置
【ViewGate Prius+】

ものすごく画質がいいです。これ以上の画質を望む必要はないように思います。

また、他のCATVチューナーにありがちな 「赤み画像」 や 「ちらつき」 もまったくありません。

いろいろな機種が出回ってますが、もし迷っているならこの 「ViewGate Prius+」 をおすすめします。間違いなく良いですから。

DVDプレイヤーもDVDレコーダーもVHSビデオデッキも全部PRIUSに繋げば、 高機能AVセレクターとしてだけでなく画像安定機能により、出来なかったダビングまでも可能になります。

画像安定機能について
このViewGate Prius+には、VIEWGATE自身が製造する画像安定装置 VTX-8000と同じ基盤が使われている。

チューナー基盤からの映像信号が画像安定基盤へ流れるのではなく、この画像安定機能は、チューナー部とは別に単体で機能します。

※注意
激安で販売している類似品に注意してください。前面にあるロゴ部分が微妙に違います。

画質
評価 ★★★★★

【価格】 22,800円(税込)
【販売店】 eモンズ

リージョンフリー
DVDプレイヤー

スペシャル機能付&CPRM/VRモード対応
フリフリDVDプレーヤー
【DVP-250CP】

VRモードで録画した自作DVDが再生可能!

CPRM対応でデジタル放送を録画したDVDも再生可能

リージョンフリーなので世界中のDVDが楽しめます。

マニアの方なら間違いなく感涙してしまう、あのフリフリ「スペシャル機能」付き。

マクロビジョン、カラーストライプ、CGMS-Aに対応。

従来のDVD-Video(映画)やCDも再生可能!

画質
評価 ★★★★★

【価格】 8,980円(税込)
【販売店】 アキバガレージ

CDコピー専用機

CDをまるごと!バックアップコピア【SCB-400】【eモンズ】

CDバックアップコピア
【SCB-400】

CDをセットしたら、ワンタッチでバックアップ。時間のかかる煩わしい操作や接続は一切不要。

650MB (74分)のCDでも、CDセットから、バックアップ完了まで、たった4分!

コンテンツは、あらゆるデータに対応、PDF、パワーポイント、エクセル、ワード、 MP3、JPEG、MPEGなど、PC用ファイルはもちろん、音楽CD、ビデオCDなど、AVディスクも完全にバックアップ可能。

評価 ★★★★

【価格】 27,800円(税込)
【販売店】 eモンズ

●はじめに

日本国内で採用されている 『代表的なコピーガード』 を解説しています。
興味のある方は、一読してみてください。 参考になれば幸いです。

●マクロビジョン (アナログ転送用コピガ)

レンタルVHS/DVD ・ スカパーの録画禁止チャンネル で導入

最も古典的かつ有名なコピーガードが、「マクロビジョン」です。マクロビジョン信号は映像信号にコピープロテクト信号を挿入して、 録画機器の「AGC回路」を誤動作させて正常な録画を妨げる技術です。

多くの 『映画タイトルのVHSビデオ』 はこの方式。また、『スカパーの録画禁止チャンネル』 もマクロビジョンです。

市販DVDビデオの場合もマクロビジョンを導入しています。ただし、その他のコピーガードと併用しています。

マクロビジョンは、現在でも圧倒的に多いアナログのレコーダーにも有効なので、まだまだ、現役で活躍中です。

●カラーストライプ (アナログ転送用コピガ)

多くのレンタルDVDで導入

マクロビジョン規格の強化版です。 カラーバースト信号をビデオ信号に加える方式で、録画した映像には細い横線が15〜25本、均等間隔で入ります。 カラーストライプと言うだけあって、色の乗っている部分にのみ見られるのが特徴。

市販DVDビデオにもマクロビジョンに加え、この 『カラーストライプ』 を導入しています。

●CGMS-A (アナログ転送用コピ禁フラッグ)

地上波 ・ BS ・ CSデジタル放送 で導入

地上波・BS・CSデジタル放送に用いられているコピーガード信号で、通称 『コピーワンス信号』 と言う。

放送波に 『コピーワンス』 として埋め込まれた 『CGMS-A信号』 が、録画と同時に 『ノーモアコピー』 というフラグに書き換えられるため、もうこれ以上、コピー (ダビング) できなくなります。

コピーワンスを一度コピーが出来ると勘違いしている方が、いらっしゃいますね。 録画をした時点で一度目のコピーは、使い切ってます。すなわち、『一度だけ録画できる』 と考えた方が正解です。

この 『CGMS-A信号』 は、アナログの映像信号に埋め込まれています。
この 『CGMS-A信号』 を、レコーダーが検出すると、コピーを中止します。

チューナーやレコーダーまた、プレーヤーの映像出力端子(ピン・S・D端子など)から出力されるアナログの映像信号に埋め込まれています。

尚、市販DVDビデオの場合も マクロビジョン ・ カラーストライプ に加えて、この 「CGMS-A」 を導入しています。



ポイントはココ
この 『CGMS-A信号』 は、HDD&DVDレコーダーのようなデジタル機器に対してアナログ転送した場合に、 反応する信号です。

故に、VHSビデオレコーダーのようなアナログ機器では、反応しない。

つまり、デジタル機器(DVDレコーダー)を利用したダビングでは、 『CGMS-A信号』 を感知して、ダビングを中止してしまいますが、 アナログ機器(VHSデッキ)を利用したダビングなら、 『CGMS-A信号』 を感知できずダビングできてしまう。

ただし、『CGMS-A信号』もそのままVHSメディアにコピーされるので、 この複製VHSをDVDレコーダーにダビングしようとすれば、当然コピーは、中断されてしまいます。

●DTCP (デジタル転送用コピガ)

i.LINK ・ USB を使用時のみ働く暗号化技術

i.LINK や USB を使ったデジタル転送の際に、「CGMS-A」 と同様の働きをするのが、この 『DTCP』 です。 デジタル信号に埋め込まれています。

「DTCP」は、非常に強力な暗号鍵方式です。突破することは難しいでしょう。

「DTCP」は、i.LINK や USB を使った時だけに働く暗号化技術なので、あまり使用する頻度も低いので、頭の片隅にでも置いておく程度でいいでしょう。

普段、VHSビデオデッキ や HDD&DVDレコーダー を使ってデジタル放送を録画するとき や コピーするとき に関係するのは、『CGMS-A』 の方です。

●CPRM (コンテンツ暗号化・デジタルコピー防止機構)

デジタルコンテンツ暗号化技術の総称

CPRMとは、「Content Protection for Recordable Media」 の略で、デジタルコンテンツのコピーガードを実現するための強力な デジタル暗号化コピー防止技術 のことです。

日本国内では、地上波・BS・CSデジタル放送(番組)をDVDメディアに記録する際にコンテンツ(番組)を暗号化するために用いられる。

「CGMS-A」だけでは、アナログダビングは防げてもパソコンなどによるデジタルコピーを防ぎきれません。 そのため、CPRM が必要という訳です。



CPRMの仕組みは?
まず、メディア側には、CPRM対応のDVDディスクが必要です。
CPRM対応のDVDディスクには、 「MKB(Media Key Block)」 と、ライティングソフトで書き込めないDVDの最内周部分領域に 「メディアID」 という固有の識別情報が記録されています。

「MKB」は、一定の生産枚数ごとに変更される。
一方、「メディアID」は、1枚ごとにすべて異なるIDが用いられる。

次に、録画・再生器側には、CPRM対応レコーダーが必要です。
この機器は、 「デバイスキー」 という鍵を持っている。

「MKB」と「デバイスキー」で、 「メディアキー」 という鍵を生成する。

最終的に、「メディアID」 ・ 「メディアキー」 ・ 「デバイスキー」 を用いてコンテンツ(番組)を暗号化する。

復号化はこの逆で、ディスク上の暗号化されたコンテンツを 「メディアID」 ・ 「メディアキー」 ・ 「デバイスキー」 で解読します。



ポイントはココ
コンテンツ自身は、単なるデジタルデータなのでパソコンなどでコンテンツは簡単にコピーできるのですが、 ディスクの持つメディアIDまでは、コピーできないので再生は不可能になります。



CSSとの相違点
DVDビデオに施されているCSSは、すべての暗号を解除できるソフトが無料で出回ってますが、 CPRMでは暗号を解除できても、これをさらに防ぐための機構「MKB」が用意されている。

録画機器の持つデバイスキーが流出すると、新規に生産される記録メディアのMKBを変更して、 そのデバイスキーを元に鍵を生成できないよう設定できるようになっています。



CPRM解除ソフトについて
・cprmgetkey (ContentsKey表示ソフト)
・cprm2free  (CPRM復号化ソフト)

現状では、パソコンでCPRMの暗号化を解除するには上記の2つのソフトを併用する方法くらいしか無いようです。

ただし、DOSプロンプト上で動作するDOSソフトなので、パソコン初心者の方には少しハードルが高いかもしれません。

尚、cprmgetkeyとcprm2freeは作者が公開したダウンロードサイトからのダウンロードが出来なくなってます。
「2chのスレ」 か 「P2P」 で入手できるかも…?

●CPPM (コンテンツ暗号化・デジタルコピー防止機構)

主に、DVD-Audioに採用

CPPMとは、「Content Protection for Prerecorded Media」の略で、CPRMと考え方はよく似ている。 現在は、DVD-Audioに使われている。

解除の難易度は中。 海外製コピーソフトの中にはCPPMを解除できるものが存在する。

●CSS (デジタルコピー防止機構)

日本国内のほとんどのDVDビデオに採用

CSSとは、「Content Scrambling System」の略で、市販のDVDビデオのほとんどに採用されているデジタルコピー防止機構。 映像データにスクランブルをかけている。CSSデコーダを内蔵したプレーヤでしか再生できない。

解除は、容易です。無料の海外製コピーソフトが多く存在するので、パソコンにインストールすれは、あっさりクリアーし、コピーできるようになる。



注意点
パソコンのコピーソフトで、デジタル用コピーガードのCSSは解除できても、 その他のアナログ転送用のコピーガードは、たいていの場合そのまま残る。

だから、コピーしたDVDディスクを「再生器」→「デジタル録画器」とアナログダビングしようとしても 「コピー禁止信号が含まれています」 などのメッセージが表示されてコピーできない場合がある。



海外製DVDには使用されない
日本国内では、ほとんどのDVDビデオ製作会社がCSSを採用しているが、 海外では、CSSが解読されてしまった為、ほとんど使われておらず、DVDビデオタイトルには 「CPPM」 ・ 「CPRM」 などのコピー制御技術が使われることが多い。

●ARccOS (デジタルコピー防止機構)

ソニー製のDVDビデオに採用

ソニーが開発した新型のコピーガードで、レンタル向けの一部のDVDビデオに使われている。 数は少ないのであまり気にするほどでもない。

対応ソフトが少なく、解除の難易度は高めです。
「DVDFab Decrypter」 という海外ソフトが対応。

●AACS (コンテンツ暗号化・デジタルコピー防止機構)

次世代DVD 『Blu-ray Disc』 に採用

AACSとは、「Advanced Access Content System」の略で、コンピューター・家電メーカーが結成した団体である 「AACS LA」が策定した映像コンテンツのコピープロテクト規格。

次世代DVD 『Blu-ray Disc (BD)』 に採用されている。

AACSのカバー範囲は、「TV放送」・「ネット配信コンテンツ」・「家庭内のネットワーク配信」など、 現在想定できる使用用途のほぼ全てと広範囲にわたる。

もちろん、市販の「Blu-ray Disc (BD)ビデオ」に採用されている。
DVDビデオが「CSS」なら、BDビデオが「AACS」と覚えよう。

また再生専用メディアだけではなく記録型メディアにも対応し、コンテンツのムーブや複製をセキュアに管理する。

解除の難易度は中。
海外製コピーソフト(有料)の中にはAACSを解除できるものが存在する。
パソコンにインストールすれは、あっさりクリアーし、コピーできるようになる。

●HDCP (デジタル転送用コピガ)

「HDMI端子」送受信用

HDCPとは、「High-bandwidth Digital Content Protection」の略で、HD信号を送受信できる「HDMI端子」を使用したデジタル転送に採用されている。

映像再生機器からディスプレイや録画器にデジタル信号を送受信する経路を暗号化し コンテンツの不正コピーを防止するコピーガードのひとつ。

●ダビング10 (08年7月4日導入予定) 最新情報

デジタル放送の新録画ルール

ダビング10(ダビングテン)とは、総務省の情報通信審議会で提案されたデジタル放送の新録画ルールのこと。 電子情報技術産業協会(JEITA)が、統一呼称を「ダビング10」とした。     (呼称は07年10月2日発表)

デジタルチューナー搭載のHDDを内蔵する録画機が対象で、 地上デジタル放送を収録後、DVDなどに「9回のコピー」と「1回のムーブ」を可能にする運用ルール。

このルールを利用するためには、放送局がダビング10の制御信号入りの番組を放送し、ダビング10に対応した録画機で収録する必要がある。

ダビング10未対応の録画機では、従来通りコピーワンスの運用となる。

ダビング10の要点

・デジタルチューナ搭載のHDD内臓レコーダー(PC含む)が対象。

・既存のダビング10未対応HDDレコーダーでは、コピーワンスのまま。

・デジタルチューナ単体では、コピーワンスのまま。

・録画したディスクからコピー出来ない。(孫コピー出来ない)

・録画したディスクが編集出来ない。

・10回のコピーを使い切る為には、HDD内の番組を残しておく必要がある。

・ダビング10用DVDメディアは、CPRMに対応している必要がある。

・Blu-ray書き込み用メディアは、はじめからすべてがAACSに対応している。

・長時間の番組を分割してコピーすると毎回カウントされてしまう。

・極論すればコピーワンスのディスクが10枚できるだけである。

ダビング10の注意点

・HDD以外のメディア(DVDなど)に直接録画した場合は、ダビング10にはならず従来通りコピーワンスの動作となる。

・地デジ放送はダビング10になるが、BS・CS放送などのすべてのデジタル放送がダビング10になるわけではない。

・録画番組をアナログ出力する際、回数制限なしのコピーが許可されるが、 ダビング10対応レコーダー同士に限られる上、コピーガード信号(CGMS-A /マクロビジョン)が付加されてしまう。

ダビング10のコピーガード

- - - コピーガード 出力時のCCIステータス
アナログ映像
(RCAピン/S/D端子)
CGMS-A
マクロビジョン
COG
HDMI HDCP 視聴のみ可
DVI HDCP 視聴のみ可
光デジタル音声 SCMS COG
Bluetooth(音声) SCMS-T COG
iLINK DTCP NMC
IP DTCP NMC
内蔵DVD CPRM メディアに記録した
時点で NMC
内蔵Blu-ray Disc AACS メディアに記録した
時点で NMC
内蔵リムーバブルメディア いろいろ 記録先でNMC

※COG…コピーワンジェネレーション  ※NMC…ノーモアコピー

※CCI…コピー・コントロール・インフォメーション

●映像信号コピーガード早見表  (アナログ転送用)

- - - マクロビジョン カラーストライプ CGMS−A
VHSビデオ - (稀にあり)
DVDビデオ
スカパー(PPV) - -
CSスカパー110 - -
BSデジタル放送 - -
地上デジタル放送 - -

※○…有り  ※-…無し

●まとめ

アナログコピーする場合 (画像安定装置使用)
機器同士をピン・S・D端子などを介して繋ぐアナログコピーの場合、マクロビジョン、 カラーストライプ、 CGMS−Aの3つのコピーガード信号のみ考えればいい。

デジタル用のコピーガード信号である CSS、 CPPM、 CPRM、 ARccOSなどは、まったく考慮する必要はありません。

画像安定装置を利用した場合は、アナログ転送コピーになります。

画像安定装置は、デジタル放送やスカパーのペー・パー・ビューの録画に使える。 また、DVDのアナログダビングにも当然使える。
接続方法は、『 チューナー(再生器) → 画像安定装置 → 録画器 』と ピン・S・D端子などで繋ぐだけ。



デジタルコピーする場合 (パソコン使用)
パソコンでDVDをデジタルコピーする場合、デジタル用のコピーガード信号である CSS、 CPPM、 CPRM、 ARccOS、AACS などを考慮します。

海外製のコピーソフトである 「DVD Decrypter」 「DVD Shrink」 は、 CSS に対応しており最も有名。 また、「DVDFab Decrypter」 は ARccOS にも対応しているすぐれもの。

日本国内のDVDの場合、ほとんどがCSS、CPPM(音楽用)でコピーガードされていると考えてよい。

尚、CPRM (デジタルコンテンツの暗号化) に対応したコピーソフトは皆無である。

▲ページトップへ
お問い合わせ 購入方法は? リンク集 1 リンク集 2 リンク集 3